低コレステロールはがん死を増加させる

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

少し古い本ですが、大櫛陽一さんの『メタボの罠―「病人」にされる健康な人々』には、2008年から始まったメタボ健診は、産官学の癒着が生んだ「医療費無駄遣い」の政策だと断定しています。

余計なお世話だと、私も思います。

メタボの定義、ウエスト周囲径が男性は85センチで女性が90センチ以上。世界的にも不思議な男女逆転の基準です。どうして女性が大きいのかという秘密は、骨盤。臍の位置で測るから骨盤の大きい女性は・・・だそうです。

中年男性の半数が「病人」になるというメタボ健診は、医療、製薬企業にとってはありがたい政策に違いありません。メタボ健診の根拠となった論文の統計のカラクリや学者の論文ねつ造事件も明らかにしていておもしろい著作です。

同じ著者に『コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな』もあり、「善玉」「悪玉」コレステロールという命名にも批判的で、コレステロールを目の敵にする最近の状況を批判しています。コレステロールは細胞膜、神経細胞、ホルモンの材料であり体にとって必要なものです。

総コレステロールが高くなるにしたがって、確かに心血管系疾患による死亡率は高くなりますが、逆に総コレステロールが低くなると、がん、肺炎、不慮の事故などによる死亡率が高くなります。(下記の上のグラフ)

結局日本人では、総コレステロールが低くなるほど総死亡率は高くなるんです。これは、総コレステロールが低くなると、がんによる死亡率が高くなるからなんです。

コレステロールを極力摂らない野菜ジュースだけのような代替療法が、かえってがんによる死亡率を上げているのかもしれません。

「コレステロールを下げる」とか「中性脂肪に、○○茶」とかの効能を謳っているトクホなども本当に必要なのか、御用学者が都合良くでっち上げたデータを元にしているのではと疑ってみた方が良いと思います。

2007年の出版ですが、そのころにすでに糖質制限食を勧めるなど、先見性のある著者です。

0001


スポンサーリンク

サイト内の関連記事

  • トランス脂肪酸はがんの栄養トランス脂肪酸はがんの栄養 がんは炎症作用を利用して増殖する 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っている。その中心メカニズムが”炎症作用”である。ところが、がんはこの修復メカニズムを利用していること […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 米国がん協会が、がん予防のためのガイドラインを5年ぶりに改定しました。こちら。 国立がん研究センターの2010年「日本人のためのがん予防法」に上げられている「禁煙」がありま […]
  • 楽天は、光免疫療法で星野仙一氏の仇討ちを 星野仙一さんは膵臓がんだったようですね。告知から1年と6ヵ月ですから、ステージ4なら標準的な経過でしょうか。残念です。 楽天の三木谷会長は、父親の三木谷良一神戸大学名誉教授 […]
  • 光免疫療法は、免疫療法の一種なのか?光免疫療法は、免疫療法の一種なのか? 読賣のこの記事「光当て『がん治療』治験、3月にも開始」で、『このまま死んでる場合じゃない』の岡田直美先生も期待を寄せています。がん治療に詳しい放射線医学総合研究所病院の岡田直美・ […]
  • 光免疫療法の開発には日本の優れた技術が使われている 光免疫療法に関するこぼれ話です。 1月15日に島津製作所が、「がん光免疫療法に関する計測技術について米国国立がん研究所と共同研究契約を締結」と発表されました。 島津製作所は、ヘ […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です