『「病は気から」を科学する』(2)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

『「病は気から」を科学する』から、プラセボ効果(プラシーボ効果)についてです。

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒することを意味します。

ハワード・ブローディは『プラシーボの治癒力―心がつくる体内万能薬』で、薬効のない薬を投与された患者の状態が改善したことに関して、次のように述べています。

彼らのケースすべてに共通する特徴があると思っている。それは、からだと連携して働き、治癒効果を高める心の神秘的な現象-プラシーボ反応である。ここで私が言っているのは、ある一連の状況(私はこれを「意味づけ仮説」と名づけるつもりだ)が存在するとき、病気の人は、初めのうちは説明がつかないように見えるが、とにかく症状が大いに軽減するということである。

プラシーボ反応について科学がこれまでに明らかにしたことを大ざっぱに理解するいちばんいい方法は、わたしたちの誰もが「体内の製薬工場」をもっていると想像することだと思う。

ジョー・マーチャントの『「病は気から」を科学する』から「第1章 偽薬─プラセボが効く理由」の項を紹介します。

自閉症の特効薬が発見されたと話題になった”事件”から始まります。

1996年4月、3歳の自閉症児パーカーは胃腸障害のために内視鏡検査を受けた。ところが、驚いたことにパーカーは一夜にして劇的な回復を見せ、ほぼ一年ぶりに、「ママ」「パパ」と言ったのだ。両親は息子の症状を変化させたのは、膵臓が適切に働いていることを確認するために投与されたセクレチンという消化管ホルモンだと確信した。

カリフォルニア大学アーバイン校の精神薬理学の助教であり、自閉症の息子アーロンを持つケネス・ソコルスキーも同じ治療を息子に受けさせて同じように改善した。メリーランド大学のホルバートが、三人目の少年にセクレチンを投与したところ、その少年も同じ反応を見せた。

彼の物語がNBC『デートライン』で何百万もの視聴者に向けて放映された。番組では、パーカーが人と交流する陽気な子どもになっていく映像を見せ、彼の進歩を耳にし、そのホルモン療法を試した他の親たちの証言を紹介した。それから数ヵ月間に二千五百名以上の子どもたちにセクレチンが投与され、成功談であふれ返った。

十数件の臨床試験が国中の病院に緊急委託された。子どもたちは、セクレチンを投与するグループと偽薬(プラセボ)を投与するグループの二群に分けられて、無作為化比較試験が行なわれた。

そして、小児科医サンドラーが実施した最初の臨床試験の結果が権威ある『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』誌に掲載されたが、結果は驚くほど悪いものだった。二群の間に有意差はなかったのである。

セクレチンが持つ可能性は、明らかに親たちが生み出した幻想だった。わが子のよくなった姿を見たいと強く願うあまり、心の中で想像したことだったのだ。こうして、セクレチンの物語は終わった。

しかし、これで本当に終わったのだろうか?

サンドラーは、両群とも著しい改善を見せたという事実に、彼がどれほど衝撃を受けたかということを語った。有意差はなかった。しかし、両軍とも著しく改善していたのだ。

「セクレチンを投与された群も、生理的食塩水を投与された群も、治療に大きな反応を示したのです。子どもたちの症状は本当に改善していた。しかし、それはセクレチンとは無関係だった。

二つの群には統計的に有意さはなかった。しかし両群とも劇的に症状が改善した。何が原因なのか?

同じように、椎体形成術と呼ばれる有望な外科手術の臨床試験に参加したボニーは手術後、病院から出たとたん、具合がよくなった。それから間もなく十年になるが、ボニーは今も手術の結果に非常に喜んでいる。しかしボニーが知らないことがある。あの臨床試験に参加したとき、彼女は椎体形成術群に入っていなかった。彼女が受けた手術は偽物だったのだ。

ニセの手術でもセクレチンと同様に、効果の高い治療を受けたと信じるだけで、症状を緩和させ、いくつかの症例では消失させるのに十分だったらしい。

これがプラセボ効果である。プラセボ効果は強力です。しかし、通常科学者や医師たちはそれを幻想や錯覚と見なすだけではなく、じゃまな存在だと考えています。

試験結果は、セクレチン、椎体形成術、どちらにも積極的な効果がないことを示している。つまり、根拠に基づく医療のルールに従えば、パーカーやボニーのような患者に起こった改善は価値のないものだ。

けれども、これほど多くの人たちの「改善した」という体験を退け続けていたら、実際に役立つかもしれないものまで捨てているのではないかと不安になる。すると、こんな疑問がわいてくる。プラセボ効果は壊すべき幻想ではなく、実際に臨床価値を持つ場合もあるのではないか──もし、そうなら、潜在的な危険のある治療に患者をさらすのをやめ、こちらを採用できないだろうか。言い換えれば、「病は気から」だ。「もうすぐ病気がよくなる」と単純に信じること。その思いに治癒力があるのではないか。


スポンサーリンク

サイト内の関連記事

  • 心が免疫系に与える影響(2)心が免疫系に与える影響(2) ライト氏の事例に続いて、もうひとつの驚異的回復の例です。これは免疫細胞療法(LAK療法)の開発者であるローゼンバーグ博士(米国国立がん研究所所長)が自伝的著書『ガンの神秘の扉をひ […]
  • 『「病は気から」を科学する』(4)『「病は気から」を科学する』(4) 進行肺がん患者151名の臨床試験において緩和ケアを受けた患者の生存期間中央値が受けない患者に比べて2.7ヶ月の延命効果があったという臨床試験があります。 世界保健機 […]
  • 『「病は気から」を科学する』(1) 気持ちの持ち方を変えれば、がんは治癒に向かうのだろうか。代替療法が効果がある人とない人に別れるのはなぜなのか。 こうした疑問に対し、『がんに効く生活』の著者であるシュレベー […]
  • ストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増えるストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増える このところストレスとがんの話題が続きます。 ストレスホルモンは、リンパ系に悪影響を及ぼすことによって、がんの転移を促進することがマウスの研究で明らかになった、との記事です。 […]
  • 『「病は気から」を科学する』(5) 「病は気から」を科学する posted with ヨメレバ ジョー・マーチャント 講談社 […]
  • 『「病は気から」を科学する』(3) これまで登場した科学者達は、プラセボ効果の限界として、 治療を信じる心が起こす効果は、体が持っている天然ツールに限られること […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です