ウコン(クルクミン)が、がんに効く作用

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

クルクミンの抗がん作用

ウコン(ターメリック)の成分であるクルクミンには強力ながん予防・治療効果があることがわかってきました。

最近の研究の結果、クルクミンは、抗酸化・抗炎症作用、血管新生阻害作用、およびがん細胞の増殖抑制作用、アポトーシス(細胞死)を誘導する作用などが明らかとなっています。

クルクミンはまた、がんに対する免疫力を回復させることによって抗がん作用を発揮することが、大腸がん患者を対象とした研究で明らかになっています。

リンパ球の一種、制御性T細胞は過剰な免疫を抑制する働きがありますが、がん細胞はこれを利用して免疫細胞からの攻撃を逃れようとします。実際にがん患者のがん細胞の周りには、制御性T細胞が多く存在していることが分かっています。

がん細胞は、炎症性サイトカインのひとつであるNF-kBを利用して増殖します。クルクミンは、がん細胞内のNF-kB(エヌエフ カッパB)の生成を阻害して、細胞死、血管新生を阻害するなどの作用があります。

クルクミンほど高い抗炎症作用をとも食物は存在しません。こうした高いNF-kBの阻害作用を持つ分子が自然に存在しているにもかかわらず、製薬企業が必死になってNF-kB阻害薬を開発しているのもおかしな話しです。

クルクミンは、がん患者の制御性T細胞を減少させて、がん細胞を攻撃するように指令するTh1細胞を増やすことが明らかになっています。こうして患者の免疫力を高めているのです。

クルクミンは、がん細胞が踏んでいる”ブレーキ”を解除して、より攻撃するように”アクセル”を踏む働きをするわけです。

クルクミンは吸収されにくい

ただ、クルクミンは非常に吸収されにくい成分です。京都大学のチームは、排泄されにくく、体内で有効成分に変わるクルクミンの合成物を合成し、クルクミンの有効成分を従来の1000倍に高めることに成功したと報じられています。

安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン(CMG)の開発に成功

掛谷秀昭 薬学研究科教授、金井雅史 医学研究科特定准教授らの研究グループは、株式会社セラバイオファーマと共同で、ウコンに含まれるクルクミンの生体内代謝物に着目することで、安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン(CMG)の開発に成功しました。本薬剤は顕著な抗がん活性を持ちます。飲み薬としては吸収されづらいというクルクミン原末の問題点を克服した成果です。今後抗がん剤などとしての実用化が期待されます。

ウコンに含まれるポリフェノール化合物クルクミンはさまざまな生理作用が報告されており、がん、心臓病、アルツハイマーなどに関する基礎研究や臨床研究が行われています。しかし、クルクミン原末をそのまま摂取しても多くは腸で吸収されないため、血液には移行せず肝臓を含む各種臓器での顕著な効果を期待できません。そこで、クルクミンをより使いやすくするために、誘導体開発研究及びドラッグデリバリーシステム開発研究などが世界中でしのぎを削っています。しかし、未だ有効な薬剤及び手法は開発されていないのが現状です。

本研究グループは、クルクミンの生体内代謝物解析(メタボローム解析)の結果などから、クルクミンモノグルクロニド(CMG)がクルクミンのプロドラッグとして利用できることを発見しました。プロドラッグとは、生体内で代謝され活性代謝物となる薬剤です。
化学合成したCMGをラットに静脈投与した際に、これまでのクルクミン原体などの経口投与と比較して、クルクミンが極めて高い血中濃度を示すことを明らかにしました。さらに、ヒト結腸腺癌細胞を移植したマウスモデルにおいて、CMGは体重減少や肝障害などを伴うことなく、顕著な抗がん活性を示すことも明らかにしました。したがって、CMGは安全性の高い抗がん剤などとしての実用化が期待されます。

この研究成果が私たちの手元に届くのはまだ先のことでしょうが、吸収の悪いクルクミンも「黒コショウ」といっしょに摂ると吸収されやすいという特徴があります。


スポンサーリンク

これは、統合医療のバイブル本とも言えるシュレベールの『がんに効く生活』で紹介されています。

インド人がカレーに若干の黒コショウを混ぜるのは、これを経験的に知っていたからなのでしょう。

吸収されやすい秋ウコンホワイト

クルクミンを最も多く含む秋ウコンを原料とし、テトラヒドロクルクミドを95%含有したサプリメントがこちらです! 秋ウコンホワイト


 

サイト内の関連記事

  • EPA/DHA摂取でがんの生存率向上EPA/DHA摂取でがんの生存率向上 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っています。その中心メカニズムが”炎症作用”です。ところが、がんはこの修復メカニズムを利用して、自らの成長を支えるために炎症を引き起こ […]
  • 十全大補湯が免疫を活性化する十全大補湯が免疫を活性化する 進行性膵がん患者における漢方薬・十全大補湯の服用による免疫学的パラメーターの変化 において、十全大補湯が膵臓がんに効果がある可能性が明らかになりました。 […]
  • ビターチョコは癌の予防に効果的ビターチョコは癌の予防に効果的 ビター・チョコに含まれるポリフェノールの抗がん作用について 少なくとも65%のカカオ分を含むビターチョコレートを毎日食べれば癌性腫瘍の形成が予防される。 テキサス大学 […]
  • ビタミンDとがん予防ビタミンDとがん予防 これまでもビタミンDの抗がん作用については多く報告されていますが、このほど、肺がんの予防や生存率向上にも効果があるとの報告がありました。 (2017年11月) […]
  • がん患者にお勧めのサプリメントがん患者にお勧めのサプリメント 多くのがん患者が、医者には内緒でサプリメントを摂っていると言われます。しかし、中には健康に悪影響のあるサプリメントもあるので、注意が必要です。 『がん情報サービス』 […]
  • お茶の抗がん作用お茶の抗がん作用 抗がん作用 野菜や果物などの植物が持つ化学成分(ファイトケミカル)には、がんの予防や増殖抑制効果があることが研究の結果であきらかとなっています。 特に、緑茶のカテキン(エ […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です