放射線はがん細胞をワクチン化する:アブスコパル効果

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

放射線がガンをワクチンに変える

放射線治療によってがん細胞が「がんワクチン」になるという。

米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新のがん研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌『OncoLog』2017年1月号の記事である。

第4のがん治療として、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬ががん治療に大変革を起こしているが、全ての患者に効果があるわけではない。免疫療法の有効性を強化するために、研究者らは、放射線治療で見られる希な現象:アブスコパル効果を利用しようとしている。

アブスコパル効果

「アブスコパル」とは、ラテン語の遠くを意味する“アブ”と古代ギリシャ語の狙うを意味する“スコパル”の造語であり、「遠くを狙う」意味となる。

がん細胞に放射線を照射すると、がん細胞のDNAを切断してアポトーシスに導く一方で、がん細胞に免疫原性細胞死(がん細胞が死ぬ際に、がん特異的抗原を放出して腫瘍免疫を起こしやすい細胞死)を誘導したり、また主要組織適合遺伝子複合体(MHC)クラスI分子やその他のアポトーシスを誘導するタンパクの発現を促進する。死んだがん細胞から免疫の刺激作用があるタンパクや、がん抗原などが放出される。その物質をマクロファージや樹状細胞が吸収し、腫瘍を特異的に攻撃する細胞障害性Tリンパ球を活性化させる。この細胞障害性Tリンパ球が遠隔のがん細胞も攻撃する。免疫細胞ががん細胞を見つけやすくし、免疫療法への感受性を上げることができる。

これがアブスコパル効果のメカニズムと考えられている。

「放射線は、効果的にがんをワクチンに変えることができるのです」

ただ、アブスコパル効果は昔から知られていたが、非常に希な現象であり、利用するための研究が進んでいる。その鍵は、放射線の分割照射法にありそうである。つまり、放射線を照射したあとに、放射線治療を中止して、T細胞ががんを攻撃する機会を与えなければならない。

光免疫療法でもアブスコパル効果

いま話題の小林久隆氏らが開発している光免疫療法(近赤外線免疫療法)でもアブスコパル効果が利用されている。

がん細胞は「免疫原性細胞死(免疫を誘導する細胞死)」という死に方であり、がん細胞が破裂すると、近くの樹状細胞に「がん細胞が死んだ」というシグナルが届き、樹状細胞が活性化してT細胞にがん細胞を攻撃するように指令を出します。そして、がん細胞が免疫から逃れるのに利用している制御性T細胞が2割まで減少し、がん細胞の敵であるNK細胞の9割が目ざめて活発になりました。 こうした免疫細胞の働きによって、原発がんだけではなく、遠隔転移したがんも消失することが確認できたと言います


スポンサーリンク

サイト内の関連記事

  • CT検査の被ばくでがんになる?CT検査の被ばくでがんになる? がん患者は、治療の経過を把握するために腫瘍マーカー検査を受けます。腫瘍マーカーが上がってきたら造影CT検査をするのですが、なかには「CT検査を受けたいけど、放射線被ばくに […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この […]
  • 光免疫療法-頭頸部がん以外への臨床試験光免疫療法-頭頸部がん以外への臨床試験 頭頸部扁平上皮がんに対する光免疫療法の治験が国立がん研究センター東病院で始まっていますが、その他のがんに対してはいつ頃になるのか、そうした問い合わせが殺到しているそうです […]
  • 光免疫療法ー治験についてのお知らせ光免疫療法ー治験についてのお知らせ 国立がん研究センター東病院のサイトに、「光免疫療法ー治験のお知らせ」が掲載されています。 いよいよですね。昨日から治験が開始しています。 ダウンロードは→こち […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発 1月16日、米国アスピリアン・セラピューティクス社がプレスリリースを出しています。 和文抄訳から主な内容をピックアップしました。 「RM-1929」が、FDA […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?(2)期待のがん光免疫療法とは?(2) 光免疫療法のイメージ NIH(アメリカ国立衛生研究所)が公開している動画をもとにして、光免疫療法のイメージを紹介します。 抗体にIR700を結合させる […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です