プラズマ活性乳酸リンゲル液で腹膜播種を抑制

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

名古屋大学の発表によると、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略となる可能性がある。

細胞死を介した抗腫瘍効果を確認

研究グループは、名古屋大学で開発した大気圧プラズマ発生装置を用い、日常診療で使用されている乳酸リンゲル液にプラズマを照射して「プラズマ活性乳酸リンゲル液(PAL)」を作成。まず、PALを膵がん細胞に投与し、細胞死を介した抗腫瘍効果をもたらすことを確認したという。

また、プラズマの抗腫瘍効果には活性酸素種が重要な働きをしていることがこれまでの研究において報告されていることから、今回の研究では、活性酸素種の阻害物質とともにPALを膵がん細胞に投与。その結果、その抗腫瘍効果は阻害され、PALの抗腫瘍効果でも活性酸素種が重要な働きをしていることがわかったという。

さらに、マウス膵がん腹膜播種モデルを用いて、PALの有効性、安全性について検討。膵がん細胞をマウスの腹腔内に投与し、経時的に腹膜播種の形成状況を生体発光イメージングにより観察した。その結果、PALを投与しなかった群では経時的に腹膜播種が増大・増加したのに対し、PAL投与群では腹膜播種がわずかしか形成されず、PALに腹膜播種形成を抑制する効果があることが示されたという。またこの実験中、PAL投与群では明らかな有害事象を認めなかったとしている。

近年、大気圧プラズマの医療応用が広がり、がん治療の分野においても盛んに研究されています。手術や抗癌剤治療、放射線治療に次ぐ新たな治療法として注目されています。

研究グループでは、プラズマを照射した培養液(プラズマ活性培養液)を作成し、胃がんや膵がんにおいてその抗腫瘍効果について研究をしてきたが、培養液では臨床での使用には適さず、その対応として、人に投与可能なプラズマ活性溶液の作成に成功したのです。

名古屋大学 プレスリリース

ポイント

  • 乳酸リンゲル液に大気圧プラズマを照射したプラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵癌細胞株に対して抗腫瘍効果があることを明らかにしました。
  • プラズマ活性乳酸リンゲル液が細胞の接着能を低下させることが示されました。
  • プラズマ活性乳酸リンゲル液が腹膜播種形成を抑制することが示され、膵癌腹膜播種に対する新たな治療戦略となる可能性が明らかとなりました。

プラズマは固体・液体・気体に続く物質の第4の状態である。気体を構成する分子が電離し、陽イオンと電子に分かれて運動している状態であり、電離した気体に相当する。


スポンサーリンク

サイト内の関連記事

  • 非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療 非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療の使い方について、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)が推奨を出しました。 肺がんの治療にも使われる体幹部定位放射線治療は、狙 […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発 1月16日、米国アスピリアン・セラピューティクス社がプレスリリースを出しています。 和文抄訳から主な内容をピックアップしました。 「RM-1929」が、FDA […]
  • がんの10年生存率がんの10年生存率 全がん協から、ステージ(病期)別のがんの生存率調査が発表されています。これまでは5年生存率のデータしかなかったので、長期生存をめざす患者にとっては参考になります。 […]
  • 『日米がん格差』『日米がん格差』 日本の医療は格差が大きい 本書は米スタンフォード大学で医療政策部を設立し、医療ベンチマーク分析の第一人者として知られる医療経済学者・アキよしかわ氏が、医療ビッグデータに基づいて […]
  • 抗がん剤による心血管毒性抗がん剤による心血管毒性 欧米では抗がん剤といえば分子標的薬が主流です。日本は30年遅れていると言われてきましたが、徐々に分子標的薬が増えてきている。 5年生存率も高くなり、がん患者にとって […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です