臨床試験の信頼度、エビデンス

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

エビデンスの階層

がん治療において、EBMやエビデンスという言葉に出くわすことがあります。医療者は、これらの言葉を安易に使わないように気をつけていますが、インターネット上では頻繁に登場するので、知っておいた方が良いでしょう。

エビデンスの意味

この治療法がよいといえる証拠です。医療の分野では、たくさんの患者に実際に使って試す調査研究をして、薬や治療方法がどれぐらい効き目があるかを確かめています。その調査研究によって、薬や治療方法、検査方法などがよいと判断できる証拠のことです。「科学的根拠」

エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用されます。

治療の効果量がどの程度の確率で正しいかを知るための手段の客観的な基準がエビデンスである。高いエビデンスを求める方法として、ランダム化比較試験、コホート研究、症例対照研究が挙げられる。ただし、生物には個体によるゆらぎがあるため、これらの一般的な確率はそのまま個々の患者に当てはまるのではなく、患者状態によって適切に修正されなければならない。

エビデンスレベル

一般に人を対象として試験で、6段階のエビデンスレベルが使われており、上位になるほど信頼度が高いと言われている。

  1. 複数のランダム化比較試験によるメタアナリシス・システマティックレビュー
  2. 一つ以上のランダム化比較試験
  3. ランダム化されていない比較試験
  4. コホート(前向き)研究、ケースコントロール(後ろ向き)研究
  5. 症例報告、ケースシリーズ
  6. 講義、専門家の意見や考え
  7. 動物を使った研究
  8. 試験管(in vitro)の研究

*ランダム化比較試験(RCT):研究の対象者をランダムに2つのグループに分け(ランダム化)、一方には評価しようとしている治療や予防のための介入を行い(介入群)、もう片方には介入群と異なる治療(従来から行われている治療など)を行います(対照群)。

*メタアナリシス:複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のこと。

*システマティックレビュー:文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことである。 根拠に基づく医療(EBM)で用いるための情報の収集と吟味の部分を担う調査である。


スポンサーリンク

 

参考サイト

 

サイト内の関連記事

  • 「早期からの緩和ケア」は絵に描いた餅「早期からの緩和ケア」は絵に描いた餅 このサイトにはメニューに「緩和ケア」を設けています。そして、 緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。 と紹 […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 […]
  • 緩和ケアの受け方-早めの準備が大切緩和ケアの受け方-早めの準備が大切   緩和ケアとは 緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていく […]
  • 医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか?医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか? 医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。 治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリス […]
  • 『決められない患者たち』 決められない患者たち posted with ヨメレバ Jerome Groopman MD,Pamela Hartzband MD 医学書院 […]
  • 緑茶のうがいでインフルエンザを撃退緑茶のうがいでインフルエンザを撃退 インフルエンザも少し下火になってきたようですが、気のせいか昨年よりもマスクをしている人が少ないように感じる。 マスクも手洗いも日本人だけの特殊な習慣です。 手 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です