がんの10年生存率

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

全がん協から、ステージ(病期)別のがんの生存率調査が発表されています。これまでは5年生存率のデータしかなかったので、長期生存をめざす患者にとっては参考になります。

Image_001

昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いです。昨年の膵臓がんの全症例10年生存率は4.9%でした。今回は5.1%ですから、徐々によくなっています。10年以上前に告知された患者が対象の調査ですから、現在の患者さんではもう少しよくなっているはずです。

Image_002

ステージⅣでも1000人に3人(0.3%)は10年生存しています。昨年は0.9%でしたから、こちらは悪くなっていますが、統計的変動の範囲内でしょう。手術率は37.3%から39.9%へと、良くなっています。

少しずつですが、長期生存する患者は確実に多くなっています。

がんペプチドワクチンの中村祐輔先生が、これに関して記事を書いておられます。
中村祐輔のシカゴ便り「肝胆膵がんの治癒率向上のための戦略

肝胆膵癌は、早期発見も重要だが、早期に発見しても予後が悪い。画像で再発が確認されてから、次の手を打っても手遅れであることは、数字から明がである。もっと現実的なのは、画像で検出されないが、血液を利用したリキッドバイオプシーでがん遺伝子異常が確認された段階での、治療介入だ

微量の血液からがんの遺伝子変異を早期に捉えて、治療を開始する。米国のパンキャンでもその研究が進んでいるようです。


スポンサーリンク

サイト内の関連記事

  • 『日米がん格差』『日米がん格差』 日本の医療は格差が大きい 本書は米スタンフォード大学で医療政策部を設立し、医療ベンチマーク分析の第一人者として知られる医療経済学者・アキよしかわ氏が、医療ビッグデータに基づいて […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発期待のがん光免疫療法とは?(3):アスピリアン社の臨床開発 1月16日、米国アスピリアン・セラピューティクス社がプレスリリースを出しています。 和文抄訳から主な内容をピックアップしました。 「RM-1929」が、FDA […]
  • プラズマ活性乳酸リンゲル液で腹膜播種を抑制プラズマ活性乳酸リンゲル液で腹膜播種を抑制 名古屋大学の発表によると、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略となる可能性がある。 細胞死を介した抗腫瘍効果を確認 研究グループは、名 […]
  • 抗がん剤による心血管毒性抗がん剤による心血管毒性 欧米では抗がん剤といえば分子標的薬が主流です。日本は30年遅れていると言われてきましたが、徐々に分子標的薬が増えてきている。 5年生存率も高くなり、がん患者にとって […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です