瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。こんなことが科学的に実証されつつあります。

マインドフルネスでも用いられる「ヨガ・メディテーション」がもたらす科学的根拠を実証した具体的実験研究結果として、TM中に起こる脳波の同調について調査があります。

脳の前頭葉の二カ所で脳波を測定した結果、瞑想中には、二カ所の脳波の波形が非常に似通ってくることがわかっています。それは脳波の同調と呼ばれる現象です。

脳波の同調とは、脳の各部分が同調して、秩序だった形で働いていることを示します。それは、脳が最大限に機能している証拠でもあり、脳の潜在力が最大限に活用されている印です。瞑想によって脳の各部分が同調して働くようになります。

瞑想と遺伝子、炎症の関係

最近、瞑想による遺伝子発現の関係が明らかになってきています。「発現」とは遺伝子のスイッチがオンになって、遺伝子に書き込まれたタンパク質を作るようになることです。 瞑想による健康効果には遺伝子レベルでの根拠があります。 瞑想に熟練した人たちに8時間にわたって瞑想をしてもらい、瞑想ではないけれど静かな時間を過ごした一般人と比較したところ、炎症を誘発する遺伝子(RIPK2 や COX2 など)の発現量が減少するなどの遺伝子・分子レベルでの変化が生じ、それによって、肉体がストレスから回復する速度が速くなっていたのです。 2014年11月の “Cancer” 誌に掲載された 研究によると、マインドフルネス瞑想法が細胞レベルで肉体に影響することも明らかになりました。 この研究で乳ガンの病歴がある女性がマインドフルネス瞑想法を行ったところ、DNA の一部であって加齢の指標だと考えられているテロメアの長さが維持されたのです

テロメアは細胞分裂のたびに短くなり、これによって細胞の寿命が決まります。細胞の寿命は人間の寿命でもあるのです。これが加齢によるさまざまな人体の劣化の原因です。

瞑想を重ねることによって脳の特定の部分の構造や大きさが変化するといった、意外な効果もわかってきています。 炎症とがんとの関係を長年にわたって研究してきた三重大学教授の三木誓雄氏は、

がんの組織がIL6とともにIL6受容体をも高発現していることに注目してきた。その結果、 IL6が中心となってがん悪液質が発生、しかもがん組織自ら産生したIL6を自ら受容して増殖する患者にとっては大変迷惑な循環現象が起こっていると捉え るようになった。」「食べても、食べても痩せる」という悪液質の特徴の背景には炎症がある

と述べています。

がんに由来する炎症マーカー(CRP)値上昇は、がんが発見される何年も前から続くことになり、結果的に大きなダメージを患者の身体に与えています。

マインドフルネス瞑想法の効果は、免疫システムの正常化、炎症の減少などが証明されています。2ヶ月間の瞑想だけで、免疫システムがインフルエンザ・ワクチンに強く反応するようになり、白血球はNK細胞も含めて正常になり、がんとより強く戦えるようになるのです。

エピジェネティクスですよね。「がん情報センター」にもエピジェネティクスが簡単に解説されるようになってきました。

細胞ががん化する仕組み

遺伝子の傷は、その突然変異によるものばかりであると思われてきました。しかし、遺伝子突然変異以外にも、細胞が分裂しても薄まることなく、新しくできた細胞に伝達される異常があることがわかってきました。

そればかりではなく、がん化の初期にはエピジェネティクスがより影響しているといわれています。

「思考」のすごい力』の著者ブルース・リプトン博士は、遺伝子のエピジェネティクスな変異を量子物理学から説明しています。

細胞の状態は、細胞を取り巻く物質的・エネルギー的な環境によって決まるので、遺伝子が決定するのではない。遺伝子は自らのスイッチのオン・オフはできないのである。つまり複雑系の専門用語でいえば「自己創発」ができない。

遺伝子のスイッチを入れるのは、環境からの信号である。

「環境」とは、細胞を取り巻く近傍のエネルギー場であり、遺伝子のエピジェネティックなふるまいも、量子力学的なエネルギー場の影響を受けるはずだと博士は考えています。


スポンサーリンク

タンパク質分子間の化学反応も、より微細なレベルで見れば、それは量子力学的な反応であり、エネルギー場は化学反応に比べて100倍も速く情報を伝えることができる。化学的反応の速度では生命活動の情報伝達の早さは説明できません。

大多数のがん患者の悪性腫瘍は、環境によってエピジェネティックな変化が引き起こされたために生じたもので、遺伝子の欠陥によるものではない。(Kling 2003; Jones 2001; Seppa 2000; Baylin 1997 らの研究)

とすれば、エピジェネティックな変異は可逆的であるから、がん細胞を取り巻く微小環境を変えることで、がん細胞が縮小に向かうことができるはずである。そして精神的、心の働きは神経やホルモンなどの情報伝達物質によって細胞に影響を与えると共に、量子力学的なエネルギーによっても細胞に影響を与えることができるとも言えるのです。瞑想が遺伝子のスイッチをオン・オフできるのであるから、がん細胞の遺伝子も当然オン・オフできるはずです。

ケリー・ターナーが『がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと 』で、「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのことのうち7つまでが心の問題、メンタルな点であることも大切です。ステージⅣの膵臓がんが消えてしまったなどの、がんの奇跡的治癒、劇的な寛解といわれる症例は、このように説明できるかもしれない。

こうした生物学と量子力学を結びつけた新しい分野、「量子生物学」が近年めざましく進歩しています。

サイト内の関連記事

  • モーツァルトはがんにも効くか?モーツァルトはがんにも効くか? 腫瘍内科医の先生も言ってますが、欧米で盛んな音楽療法には一定の効果がありそうです。 がん患者さんへの音楽療法のコクランレビュー。23のランダム化比較試験があり、がん […]
  • サイモントン療法でがんを治すサイモントン療法でがんを治す サイモントン療法とは サイモントン療法は、イメージ療法の一つと言われています。サイモントン療法協会のサイトには次のように紹介されています。 サイモントン療法は、米国の放射 […]
  • 癌とストレス(1)癌とストレス(1) キラーストレス ストレスの正体や悪影響をおよぼすメカニズムが科学的に詳細に解明されはじめた […]
  • 「病は気から」を科学する「病は気から」を科学する 気持ちの持ち方を変えれば、がんは治癒に向かうのだろうか。代替療法が効果がある人とない人に別れるのはなぜなのか。 こうした疑問に対し、『がんに効く生活』のシュレベール […]
  • 笑いでがんを治せるか笑いでがんを治せるか 笑いと免疫力の関係を調べる 「笑い」ががん患者のストレス軽減や免疫機能に与える影響を調べる、大阪国際がんセンターの実証研究の最終回を迎え、今年度中にもその成果を科学誌などで […]
  • ストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増えるストレスがあるとリンパ系を介したがんの転移が増える このところストレスとがんの話題が続きます。 ストレスホルモンは、リンパ系に悪影響を及ぼすことによって、がんの転移を促進することがマウスの研究で明らかになった、との記事です。 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です