期待のがん光免疫療法とは?(1)


Pocket
LINEで送る

話題の光免疫療法についての連載を始めます。

出だしとして、なぜ「免疫療法」という名がついているのかです。

光免疫療法は「免疫療法」なのか

光免疫療法は主な使い方では「免疫」でがん細胞を攻撃するわけではありません。 光免疫療法は、がん細胞に集まる抗体にIR700という色素を結合させて、その後、近赤外線を照射してIR700を発熱させることで、がんを狙い撃ちにするという治療法です。正常細胞にはダメージを与えず、がん細胞を速やかに死滅させることができます。

ではなぜ「光『免疫』療法」と呼ばれるのか。その理由を解説する論文が2016年に発表されています。抗体と抗原が結びつくことによって抗体抗原反応(免疫反応)が起きますが、光免疫療法では抗体抗原反応はがん細胞の破壊には関わっていません。ですから、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬や、NK細胞療法などの免疫細胞療法とは、その仕組みが根本的に違います。

鍵は「免疫原性細胞死」(免疫を誘導する細胞死)と呼ばれる細胞の死に方にあります。

免疫原性細胞死とは?

小林久隆氏が「ナノ・ダイナマイト」と命名したIR700付抗体に近赤外線を照射すると、がん細胞は内容物を噴出しながら壊れます。

すると、近くにいる免疫の司令塔「樹状細胞」には「がん細胞が死んだ」というシグナルが届いて、眠っていた樹状細胞が目ざめます。目ざめた樹状細胞は、受け取ったシグナルを使って、がん細胞を攻撃するリンパ球の一つであるT細胞にがん細胞の見分け方を教育します。しっかりと教育を受けたT細胞は分裂を始め、ナノ・ダイナマイトでも破壊されないで残ったがん細胞に対しても攻撃を始める。こうして免疫の仕組みが働き始めるのです。

これが「免疫原性細胞死」です。

遠隔転移したがん細胞を攻撃する仕組み

さらに、光をあてた場所のがんだけではなく、遠隔転移したがんも消える手法を開発中である。

がん細胞は、免疫系の攻撃からわが身を守るために、がん組織の周囲に制御性T細胞を取りこんでいる。制御性T細胞は本来、過剰な免疫応答を制御するブレーキ役であり、免疫の恒常性に必要なものであるが、がんはこれを利用して、免疫系から身を守るための「門番役」としている。

制御性T細胞の表面にあるCD25抗原とくっつく抗体をIR700に結合して静脈注射し、がんのある場所に近赤外線を照射したところ、マウスの全身のがんが消えた。

がん細胞に結合する抗体を使っていないのにがんが消えた仕組みは、近赤外線を照射した数時間後には、制御性T細胞が押さえ込んでいたT細胞とNK細胞が目覚めてがん細胞への攻撃を始めたのである。

一部のメディアでは「光免疫療法は自分の免疫を活かす治療ではない」と書かれていますが、異常に見てきたように、それは光免疫療法を正しく理解していないと言わざるを得ません。

サイト内の関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です