期待のがん光免疫療法とは?(2)


Pocket
LINEで送る

光免疫療法のイメージ

NIH(アメリカ国立衛生研究所)が公開している動画をもとにして、光免疫療法のイメージを紹介します。

  1. 抗体にIR700を結合させる
  2. それを患者の静脈に注射する(点滴)
  3. 薬剤は血管を通して腫瘍に集まってくる
  4. 腫瘍の周囲の血管から抗体が滲みだして・・・
  5. がん細胞表面の抗原に、IR700を結合させた抗体がくっつく
  6. そこに近赤外線を当てると、IR700は熱を帯びて化学反応により不溶性となり・・・
  7. 抗体が丸まって収縮を始める。細胞膜に力が加わってたくさんの小さな穴が開き、細胞内に周囲から水が入ってくる。
  8. がん細胞内の圧力が高まって破裂し、内部の物質をばらまく。
  9. がん細胞は死んでいき、がん細胞がなくなる。
  10. 周囲の血管や正常細胞は影響を受けないので、免疫が保たれている。

サイト内の関連記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です