ガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見される


Pocket
LINEで送る

SDIM1197

クルクミン、ビタミンDなどが、がんの転移を抑制する植物成分である可能性。BioQuickニュース日本語版。『がんの特効薬は発見済みだ』という、岡崎公彦氏の怪しげな本がありますが、特効薬なんかはありません。あるとすれば、それは”食生活を変えること”。実は目の前に見えていることなのです。

ある種の食物は、がん転移性遺伝子をON/OFFする

ワシントン州立大学(WSU)の研究により、40個以上もの植物由来の化合物が、ガンの進行を遅らせる遺伝子を活性化することが可能であることが判明した。 ガンの転移こそが致命的であるため、今回の発見はとても励みになる、とWSU薬学部教授および学部長のゲリー・メドウズ博士は語る。さらに、食生活の改善、栄養学的アプローチ、そしてこの植物由来化学物質を合わせて、多くの道を開いているように見えると言う。

「我々は常に特効薬を探しているのです。そして、我々が食べる物や生活の傍らにこそ、そのような特効薬が存在するのです。我々はただ、それらを上手く使わないといけないだけなのです。」と、メドウズ博士は語る。2012年6月のCancer and Metastasis Reviews誌に掲載された本研究はメドウズ博士によって、いくつかの単純なロジックの元に進められた。ほとんどの研究はガンの予防または腫瘍の治療に 焦点を当てているが、致命的となるのはガンの他臓器への拡散である。そのため、腫瘍を治療するよりも拡散または転移をコントロールするほうが重要なのであ る。栄養学的アプローチと転移抑制遺伝子のコンセプトは学術誌などでもほとんど見られないため、PubMedの研究データベースを検索するのも一苦労で あった。

「研究者のほとんどは、研究目標に転移抑制遺伝子を含んでいなかったのです。これらは、研究の過程で見たその他大勢の遺伝子と同様に扱われていました。」と、メドウズ博士は語る。しかしメドウズ博士はそれらの研究に目を通し、転移抑制遺伝子がいつオン/オフされるのかを調べた。そ して、様々なガンにおける転移抑制遺伝子に影響を与える物質を複数見つけたのである。アミノ酸、ビタミンD、エタノール、高麗人参エキス、トマトカロテノイドリコピン、ウコンの成分クルクミン、ザクロジュースや魚油など、乳房、結腸直腸、前立腺、皮膚、肺およびその他のガンにおける遺伝子発現に影響を与える物質が浮かび上がってきた。通常、これらの物質は基礎となるDNAコードを変えることなく転移抑制遺伝子をオン/オフする、後成的な活動を見せた。

「ということは、これらの後成的なメカニズムは食べ物によって影響されるのです。そして、転移抑制遺伝子の調節にも関連しているかもしれません。食生活および栄養素の研究は進んでいないため、これは非常に新しい研究分野となります。」と、メドウズ博士は語る。本研究は2つのコンセプトを主張している。一つは、天然化合物がガンの転移を減速または停止することが可能である。栄養素と転移抑制遺伝子の関係を偶然にも関連付けた複数の研究は、これらの遺伝子をさらに念入りに調べる必要があることを示している。

「そして、これらの影響のほとんどはフォローアップされていないのです。まだ発見されていない様々な化合物や成分が存在する可能性は多いにあります。」と、メドウズ博士は語る。

体内環境を変えれば、転移を防ぎがんと共存できる

さらに、メドウズ博士はこれらの研究によって、ガンを予防するという考えから、転移を防ぎながらガンと共に生きるという考えにシフトしようとしているようだ。

「我々は長年に渡りガン研究を続けてきました。しかし、ガンの存在する環境における研究は、ごく最近始められたばかりです。環境とはまさに人間の体のことで、この環境こそがガンの転移を左右するのです。」と、メドウズ博士は説明する。

■原著へのリンクは英語版をご覧ください:Over 40 Plant-Based Compounds Found That Slow Metastasis

サイト内の関連記事

  • がんと食事がんと食事 チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」 どのような食事をすべきかは、がん患者にとって切実な問題です。食事で治ることはあるのだろうか? […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 米国がん協会が、がん予防のためのガイドラインを5年ぶりに改定しました。こちら。 国立がん研究センターの2010年「日本人のためのがん予防法」に上げられている「禁煙」がありま […]
  • 心が免疫系に与える影響(2)心が免疫系に与える影響(2) ライト氏の事例に続いて、もうひとつの驚異的回復の例です。これは免疫細胞療法(LAK療法)の開発者であるローゼンバーグ博士(米国国立がん研究所所長)が自伝的著書『ガンの神秘の扉をひ […]
  • トランス脂肪酸はがんの栄養トランス脂肪酸はがんの栄養 がんは炎症作用を利用して増殖する 生物は傷ついた組織を修復する能力を持っている。その中心メカニズムが”炎症作用”である。ところが、がんはこの修復メカニズムを利用していること […]
  • がんとエピジェネティクスがんとエピジェネティクス 近藤誠の「がんもどき理論」 近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんと […]
  • 心が免疫系に与える影響(3)心が免疫系に与える影響(3) 『精神生物学―心身のコミュニケーションと治癒の新理論』では、「肉体の病気を、心や精神的な方法を用いて治療することが本当に可能なのか」という疑問に、現在得られている科学的知識をもと […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です