スポンサーリンク

予後の厳しいがんでは、医師から「標準治療ではもうできることがありません。あとは緩和です」と言われる方が少なくありません。

しかし、諦めきれない。まだこんなに元気なのに何もできないのか? と考えます。そして巷の怪しげな代替医療に走る患者も出てきます。

でも、その前に「臨床試験(治験)」という選択肢を考えてみませんか。

治験と臨床試験の違い

臨床試験と治験の違いは、簡単に言えば、治験とは「新薬開発」のための「治療を兼ねた試験」で製薬企業や医師が行います。「研究者(医師)主導臨床試験」は患者さんや健康な人に対して、最良の治療法や診断法の確立などを目的に行う「治療を兼ねた試験」が主となり、新薬の開発の目的だけではありません。

治験は臨床試験に含まれる(治験⊆臨床試験)ということです。詳しくはこちらの「臨床試験のことを知る」で。

『がん情報サービス』で臨床試験を探す

掲載されているのは、大学病院医療情報ネットワーク研究センター(UMINセンター)、日本医薬情報センター(JAPIC)、日本医師会治験促進センターに登録されている臨床試験です。さらに、厚生労働省が「先進医療」「患者申出療養」、医薬品医療機器総合機構が、「主たる治験」「拡大治験」として公表している臨床試験のうち、がんに関する情報です。

臨床試験を探す前に、

のページを開いてみましょう。臨床試験とはどういうものか、注意することは何かなどが書かれています。よく読んで理解を深めておきましょう。

がんの臨床試験を探す

『がん情報サービス』の「がんの臨床試験を探す」ページを開きます。

  1. がんの領域(種類)を選んでチェックを入れます。
  2. 都道府県を選びます。
    「地域名」をクリックすれば、都府県名が表示されます。
  3. 「年齢」と「進捗状況」も必要ならチェックを入れます。
  4. オレンジの「検索する」ボタンをクリック(タップ)します。

検索結果の一覧が表示されます。

検索結果の見方

検索結果は、「開発後期(第3相)」「開発中期(第2相)」「開発前期(第1相)」「その他」と分かれています。

標準治療の次に臨床試験を考慮するのでしたら、有効性や副作用などがある程度分かっている「開発後期(第3相)」の臨床試験を中心にしてチェックしましょう。

しかし近年では、分子標的薬の開発が進み、治療が奏効するとみられる患者さんを特定するための遺伝子(バイオマーカー)検査も発達しています。開発初期(第1相)試験においても、これまでよりも大きなメリットが期待できるようになりつつあります。

「その他」には、「先進医療A」「先進医療B」「患者申出療養」「主たる治験」「拡大治験」が含まれていますので、こちらも忘れずにチェックしましょう。「試験名」の頭に「先進医療A」などと書かれています。

「試験名」をクリックすると、その臨床試験のより詳細な情報が表示され、参加条件などを知ることができます。

参加できそうな臨床試験があったら、担当医に相談してみましょう。


スポンサーリンク
ランダム化比較試験とは?

臨床試験の開発後期(第3相)試験《ときに開発中期(第2相)試験》では、プラセボ対照試験が行なわれます。プラセボ(偽薬)とは、試験薬と見た目は同じでも、有効成分を含んでいない偽の薬です。がん治療の試験では、標準治療薬に新薬またはプラセボを追加して両グループを比較することが多いのです。

また患者を無作為(ランダム)に二つのグループに振り分け、自分がどのグループに振り分けられたのかは、患者本人も主治医も知ることができません。これを二重盲検ランダム化比較試験といい、最も試験結果に信頼性が置ける方法です。

しかし人道上の見地から、がん治療の臨床試験でプラセボのみの試験グループが設定されることはほとんどありません。参加したい臨床試験が、どのような方法で行われるのかは、タイトル名

「難治性腹水に対するシャント治療の有効性を評価する ランダム化比較試験(JIVROSG-0803)」

などのように書かれているので判断することができます。または、上の画像の左上にある「UMIN000027811」などの番号をクリックすれば、情報取得元のサイトで詳細な登録情報を見ることができます。

患者が負担する費用

臨床試験がすべて無料で参加できると考えていると期待を裏切られます。臨床試験(治験)の種類や医療機関によって、どこまで自己負担になるかが異なります。

多くの場合、臨床試験の費用負担は次のようになっています。

 一般に、新薬承認のための「治験」では、試験参加中に投与された抗がん剤の費用、検査費用は治験実施者(製薬会社など)が負担します。再診料や副作用を緩和するための薬代などが自己負担となります(健康保険が適用される)。

臨床試験参加中は参加者の金銭面での負担(交通費など)を軽減する目的で「負担軽減費」が支払われます。支払われる金額はその都度異なりますが、一般的には1回の通院に7,000円程度といわれています。

詳しくは『研究段階の医療(臨床試験、治験など)詳細情報』をご覧ください。

治療開発マップ

日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)では「治療開発マップ」をホームページに掲載しています。

これは、臨床試験を実施しようと計画している医療関係者が、重複がないように利用するためのものですが、数枚の図で臨床試験の全体を把握することができるので、がん患者にとっても参考になります。

治療開発マップにはがんの状態や特徴、または年齢別の標準治療の内容とJCOGで行っている臨床試験の内容を掲載しています。

がん情報サイト「オンコロ」

株式会社クリニカル・トライアルが運営する『がん情報サイト「オンコロ」』でも臨床試験の一覧を検索することができます。

 


スポンサーリンク