スポンサーリンク

緩和ケアとは

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。

がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。
緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)
緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。

緩和ケアを、がんの進行した患者さんに対するケアと誤解し「まだ緩和ケアを受ける時期ではない」と思い込んでしまう患者さんや家族は少なくありません。
しかし、緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。

しかし、実際には「緩和ケア」=「終末期医療」と考えている患者が大半です。「もう治療法がない」と言われてから緩和ケア病棟や施設を探すのでは、間に合わないこともあります。

緩和ケアに関する情報

「がん情報サービス」にも緩和ケアに関する情報がありますが、各所に分散していて、メニューからは分かりづらくなっています。右上の検索窓に「緩和ケア」と入れて検索してみましょう。

がんの療養と緩和ケア


スポンサーリンク

がんになったら手に取るガイド

緩和ケア病棟のある病院を探す

がまんしない、がん治療 緩和ケア.net

がん患者が作った緩和ケアの冊子

「がん情報サービス」の緩和ケアに関する情報は、良くできてはいますが、現状ははるかに複雑です。建前通りに準備ができるとは限らないようです。

乳がんに罹患した前田典子さんと池谷光江さんは共同で、がん患者の立場から知っておくべき緩和ケアの知識をまとめた小冊子『がん患者のための緩和ケアの受け方』を作成しました。

そのいきさつは、日経Goodayにも紹介されています。

小冊子の内容はWebでも閲覧できるようになっています。

  • どうして多くの人が最後まで抗がん剤治療をしているのか
  • 病院の患者会で、先輩から「治療を止めたら、がん難民になるわよ」と言われた
  • 自分が実際に入ろうと考えると、費用の問題はとても重要でした。それに、調べてみると、急にはなかなか入れなかったり、紹介状が必要だったりと、知っておくべきことがたくさんありました。
  • 患者が希望すれば、当然、緩和ケアの専門家に紹介してくれるものだと思っていました。でも、それがうまくいっていない。
  • 患者が受けたいと言っても、「緩和ケアはまだいいよ」と主治医が言ったら、それでおしまいです。緩和ケア科は、紹介状がないと予約も取れないところが多い。
  • 精神面なども含めた全人的ケアは理想ですが、今の日本ではそのようなケアを期待できる施設は、あまりありません。
  • 理想的な緩和ケアが望めなくても、身体的苦痛だけはきっちり取ってもらいたい
  • 「痛みを軽くしてほしい」と望むことをためらう人が多い。この小冊子は、患者が痛みの軽減に消極的にならないようにということで、情報提供をしています。
  • 精神的な苦痛は、とにかく一人で抱え込まない。患者会に参加しよう。

私たち患者は、緩和ケアについて、疼痛治療について、
正しい知識を持って、準備をしておく必要があります。
元気なうちに無駄なく行動する為に、まずは、この冊子に目を通してみてください。

ホスピスの探し方のフローチャートなどは、実際の体験をもとに調査して書かれています。

疼痛管理に使われる漢方についても分かりやすくまとめられています。

 

 


スポンサーリンク