がんの「受診」から「経過観察」への流れです。大まかでも、流れがみえると心にゆとりが生まれます。ゆとりは、医師とのコミュニケーションを後押ししてくれるでしょう。あなたらしく過ごすためにお役立てください。

がんの疑い

「体調がおかしいな」と思ったら、なるべく早く受診しましょう。

病院を探す

がん専門病院を探します。『がん情報サービス』のサイトから「病院を探す」に入り、目的の病院を探します。

受診のきっかけや、気になっていること、症状など、何でも担当医に伝えてください。メモをしておくと整理できます。

検査・診断

検査や診断についてよく理解しておくことは、治療法を選択する際に大切です。理解できないことは、繰り返し質問しましょう。

『がんになったら手に取るガイド』の「がんの検査と診断のことを知る」をよく読んで知識を得ましょう。

治療法の選択

がんの三大治療は「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」です。

詳しくは『がんになったら手に取るガイド』の「がんのことで知っておくこと」をご覧ください。

 

 

 

 

治療

「手術」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」などについての、注意点が紹介されているのでご覧ください。

治療を受けるとき注意すること

薬の使い方と注意点

経過観察

治療後の体調の変化やがんの再発がないかなどを確認するために、しばらくの間、通院します。検査を行うこともあります。